ドライブ中の”万が一”に備える準備は出来ていますか?-交通事故施術なら札幌市の整骨院・整体院

こんにちは!
札幌市東区・白石区・中央区・北区・西区の札幌あゆみ整骨院・整体院です!

今日も寒いですね!
路面がツルツルな状態が続いていますが、みなさん安全運転はできていますでしょうか?
日頃から安全運転を心がけている方も、ちょっと最近は…という方も、一度しっかりと安全運転のポイントを見直していきましょう!

 ポイント1:他車と距離をとる

交通事故は、道路を使用する人たちの接近した状態で、どちらか、あるいは両方のちょっとしたミスによって起こります。
しかし、どちらか一方にミスがあっても、離れていれば大事に至ることはありません。すなわち、「離れていることが最善」という考え方が、安全運転の最も大切な基本です。

よく言われている、「車間距離をとる」「近づかざるを得ない場合は、その時間を短くし、早く離れる」という運転の大切さの意味は、ここにあります。
走行中は、車だけでなく歩行者とも距離をとる運転スタイルを持ち続けましょう。

 

 ポイント2:自車の存在を目立たせる

自車が他車から見落とされ、事故になることがあります。
多数の車や人が通行する中では、自分が目立たなくなるようなことは避けて、積極的に自分の存在を相手に知らせるという考え方を持つことが必要です。

例えば、自動二輪車の昼間点灯は、この典型です。夕暮れ時は早めにライト点灯を!というのは、当然のことになります。
よく目立つ大型車の後ろや死角に入ることを避ける運転を心がけることが大切です。
また、車の色やブレーキ灯の形状などにも関心を持たざるを得なくなります。

 

 ポイント3:他車とコミュニケーションをとる

自車がこれから行おうとする運転動作を前車や後車に適切に伝え、それを的確に読んでもらうことを心がけることも、交通事故から自分の身を守る上での大切なポイントとなります。

他車とは、言葉によるコミュニケーションがとれないので、ウインカーやクラクション、ブレーキランプなどの装置を使用し、自車の意図を伝えます。ウインカー等で合図を出すという運転操作は、相手に自車の意志を伝える重要な操作と認識することが大事です。
ブレーキランプが壊れた車を平気で運転することなどは当然許されませんし、ウインカーの出し忘れや出し遅れなども意志が伝わらないので、注意が必要です。

 

 ポイント4:自己をコントロールする

自己コントロールとは、運転する時のドライバーの心の持ち方の原則です。
走行中に急に割り込んだり、ウインカーを出し続けたままにする、交差点付近に駐車するなどの行為をする周りの無神経なドライバーにイライラしたり、自分自身も時間や余裕がない等の理由で、焦りからイライラ運転をするなどは、自ら交通事故を引き起こしに行っているようなものです。
このような時は、「今自分は焦っている。無理をしようとしている」と客観的に見つめ、気持ちをコントロールし、落ち着かせることが大切です。
また、体調が優れない時も自己コントロールが大切です。「気分が悪い。無理はいけない」と冷静になり、体調が悪い時は休憩をしたり、運転をやめるなどの対処をとるようにしましょう。

 

 ポイント5:万が一の事態に備えて、心の準備をする

何事も準備が大切です。これは言うまでもありません。
車の運転にも同じことが言えます。いきなり運転し始めるのではなく、例えば、今日は路面が凍結しているから注意しようなどと、事前の心の準備をすることが、安全運転をする上での重要なポイントとなります。
また、運転中においても、交通状況は常に変化し、何が起きるかわかりません。万が一のことがあるかもしれないと準備をしておくことも大切です。そうすることにより、とっさのブレーキ操作に繋がるので、交通事故から自分や相手を守れることになります。

 

これから春に向かうにつれて、ドライブする機会も増えてくると思います。
ドライブ前にはどんな準備をしておけば良いのかをお話していきます!

 

 気象情報を調べる

ドライブ中の悪天候は、運転により影響を与えるだけでなく、それによる通行規制などによって走行計画にも影響が出てきます。通行ルートの気象情報を事前にしっかりと調査するようにしましょう。
特に、大雨や暴風、吹雪などの異常気象が予想される時には、気象庁から「注意報」「警報」等が出されるので、それらが出されている際は、迂回ルートや避難場所を検討することも大切ですが、場合によってはドライブを中止するという決断も大切です。

 

 道路情報を調べる

道路工事や悪天候による通行規制なども立てていた計画に大きな影響を与えてきます。なので、日本道路交通情報センターのホームページなどで情報の事前収集を行いましょう。
例えば、高速道路の場合、通行止めや一旦停止を伴う「片側交互通行規制」、昼夜を通して通行規制を実施する「昼夜連続車線規制」などの情報を得られます。こうした通行規制が行われれば、走行速度も制限され、渋滞が発生することも十分に考えられますので、時速100キロを想定した計画では予定通りの走行はできなくなります。
道路情報に応じて計画を立て直しましょう。

 

 休憩の取り方を決める

休憩については先ほど少しお話しましたが、特に高速道路での取り方がポイントとなります。
高速道路は信号などがなく走りやすいため、ついつい長時間運転になりがちですが、長時間運転は疲労が蓄積されるだけではありません。高速道路は一般道路と比べ、運転操作が少ないことや単調な風景が続くことなどにより、走行中にドライバーが眠気を催す「高速睡眠現象」が起こりやすいといわれています。
これを防止する為にも、こまめな休憩が必要です。少なくとも、1〜2時間に1回の休憩をとることを前提に計画を立てるようにしましょう。

 

出発前のチェック事項

 車両点検をする

長距離ドライブでは、出発前の車両点検は欠かせませんが、高速道路を走行する場合には、交通の教則において、次の点検を行うことが定められています。
・燃料の量は十分か
・冷却水の量が規定範囲内にあるか
・ラジエータキャップが確実に閉まっているか
・エンジンオイルの量が適当であるか
・ファンベルトの張り具合が適当か、損傷がないか
・タイヤの空気圧は大丈夫か(高速道路を走行する際は、圧をやや高めにする)
・タイヤの溝の深さが十分か
自分の点検に自信のない場合は、ガソリンスタンドにて点検してもらうといった方法もあります。

 

 停止表示器材や飲料水などのチェック

万が一の故障などによる停止や、渋滞などによる長時間の立ち往生に備え、最低限次のものを携行するようにしましょう。
・停止表示器材(高速道路走行時は携行が義務付けられています)
・発炎筒(車への備え付けが義務付けられています)
※発炎筒の有効期限は4年です。期限を過ぎると劣化して点火しないことがあるので、
 有効期限をよく確認し、期限切れの場合は交換する必要があります。
・飲料水や軽食代わりの菓子類
・緊急脱出用のハンマーやシートベルトカッター
・携帯トイレ

 

 徹底したシートベルトの着用を!

全員が乗車したら、エンジンをかける前に、シートベルトを全員に着用させましょう。特に後部座席については、ドライバーが直接自分の目で着用しているかどうかを確認することが大切になります。
後部座席の人がシートベルトを着用していないと、事故が起こった際に後部座席の人が大きなダメージを受けるだけでなく、衝突の反動で前席に倒れこみ、ドライバーや助手席の人もダメージを受ける可能性があります。また、交通事故が起こった時、シートベルトを着用していなかった為に車外へ投げ出されたという例もあります。それほど、シートベルトは自分や家族、友人、大切な人を守る為に重要な物なので、付けているかの確認を怠らないようにしてください。
シートベルトを適切に着用させることのできない子どもには、必ずチャイルドシートを使用するようにしましょう。
なお、ETCカードの入れ忘れによるトラブルなども発生していますので、必ず出発前にはETCカードを挿入したかどうかの確認も忘れないでください。

 

豪雨時の運転について

豪雨時は、立体交差点や高架下などのアンダーパスや、すり鉢状に窪みがある道路などは冠水の危険が大きくなります。このような場所を走行するのはやめましょう。
道路冠水の危険性が高い場所の手前には、冠水への注意や冠水時通行禁止などを表示した看板などが設置されている場所もあります。豪雨時にそのような看板を目にした場合は先へ進まず、引き返すようにしてください。
また、河川の氾濫に巻き込まれない為に、できるだけ河川沿いの道路を走行するのは避けるとともに、走行中に、道路冠水の危険を感じたときは、速やかに高台へ避難しましょう。

1時間に50ミリ以上の降雨量となる、いわゆる短時間強雨の時は、車の運転は危険とされています。
天気予報などで気象情報をチェックし、短時間強雨の恐れがある時は、不要不急の運転はできるだけ控えましょう。

 

 雨の降り始めは傘のない歩行者に注意

雨が降り始めた時、傘のない歩行者や自転車は、先を急ごうとしたり雨宿りをしようとして、車の有無をよく確認せずに道路を横断してくる可能性があります。自転車の場合も同様、スピードをあげて急に道路を横断したり、後方の確認をせずに急に車線を変更する場合があります。雨の降り始めは、歩行者や自転車が飛び出してきたり、予想外の行動をとることを頭に入れて、動きにもよく目配りをするようにしてください。
また、舗装道路は雨で濡れると表面の埃が浮き上がり、ちょうど路面に油をひいたような状態になるために、スリップしやすくなります。雨が降り始めたら、すぐにスピードを落とし、車間距離も広めにとるようにしましょう。

 

 カーブでは早めに減速!

雨天時のカーブはとてもスリップしやすくなっています。プラス視界が悪くなるので、カーブのきつさが分かりにくく、急ブレーキや急ハンドルの危険性が高まります。晴天時以上に慎重に、カーブの手前では十分減速するようにしましょう。また、カーブ走行中のブレーキはできるだけ控え、ハンドル操作も最小限にして走行しましょう。

 

 追い越しや進路変更は控える

急ハンドルや急加速を伴いやすい追い越しは、路面の滑りやすい雨天時にはスリップを招く恐れがあり、非常に危険です。また、進路変更もハンドル操作を誤る恐れがあることに加え、サイドミラーが水滴などで見えにくく、後続車を見落としてしまう危険性もあるので、出来るだけ控えるようにしてください。

 

 豪雨の際は運転を中止する

ワイパーを最速にしてもフロントガラスの水滴が拭い切れないほどに雨が激しくなった際は、運転を一時中断して安全な場所に車を止め、雨が収まるのを待ちましょう。
待機の為に道路の左端によって停車すると、視界の悪さから後続車に追突される危険性が出てきます。必ず駐車場などの安全な場所に駐車するようにしてください。

 

疲労が運転に与える影響

安全運転をする為には、体調の具合も大切です。
次は、疲労が運転に与える影響について見ていきましょう。

 

 疲労が及ぼす影響

疲労は、運転に以下のような影響を与えます。

①「目」に現れる

疲労の影響は、目に最も強く現れます。その為、運転にとって一番重要な見ることの正確さが失われてしまうため、見落としや見誤りが増えてしまう可能性が高くなります。

②意識水準の低下

疲労は、意識水準を低下させます。注意力や集中力といった、安全運転には欠かせない意識が低下することから、漫然運転の状態に陥ったり、最悪の場合は居眠り運転を招いてしまう恐れがあります。

③操作が雑になる

ハンドルやブレーキ操作が雑になってしまい、正確さが失われてしまいます。また、些細なことにイライラしたりカリカリしてしまうので、運転が荒くなってしまう場合があります。

④反応が鈍くなる

疲労時は反応が鈍くなってしまうので、危険を認知して判断するまでに時間がかかってしまい、空走距離(危険を感じてからブレーキを踏み、ブレーキが実際にきき始めるまでの間に車が走る距離)が長くなってしまう傾向にあります。

 

 疲労の際は休憩を

疲労は気付かないうちに蓄積されていきます。人間は、疲労を溜めながら生活しているからです。「疲労のサイン」を見逃さずに、以下のような状態が現れた場合は、無理をせず安全な場所で休憩をとるようにしましょう。
・あくびの回数が増える
・瞬きの回数が増える
・目がチラチラしたりショボショボする
・肩が凝ったり、足腰が重くなる
・頭が重くなったり痛くなる
・前方だけに意識が向き、側方や後方を注意するのが億劫になる

休憩をとっても疲労が軽減されない時は、運転を中止することも大切です。

 

 疲労防止のポイント

◆十分な睡眠と日々の健康管理

疲労の大きな原因の一つが、睡眠不足です。まずは十分な睡眠時間を確保しましょう。
加えて、過度な運動や暴飲暴食は避けたり、車を運転する前日の飲酒はほどほどにするなどといった、日常の健康管理も大切になります。
また、疲労の原因が風邪などの場合や疲労の感覚がいつもと違うと感じた時には、早めに医師に相談するようにしましょう。

◆無茶な運転はしない

スピードの出し過ぎや強引な追い越し、対向車の直前の右折などの無茶な運転は、緊張を高めて疲労をもたらします。また、イライラ運転や先急ぎの運転なども疲労を早めてしまいますので、常に心と時間に余裕を持って運転することが大切です。

◆疲れを感じる前に休憩を

ドライブなどで長時間運転することが分かっている時は、休憩の取り方が大切です。疲労が現れてからでの休憩は、身体が回復するまでに時間がかかると言われています。
「疲れていないから休憩する必要がない」と考えるのは危険です。疲れない為に休憩をとりましょう。休憩後は軽く体操をするなどをし、体を動かすようにしましょう。

 

 体調不良の際は最悪運転しない

風邪などの理由で体調が悪い時に、無理をして運転することは危険です。発熱している時はもちろんですが、発熱していない場合でも、咳やくしゃみが出る場合は、運転に集中できないだけでなく、咳やくしゃみが出るたびに周囲に対する注意力が欠けて信号を見落としてしまったり、前車の停止に気づくのが遅れてしまうなどの危険性があります。運転操作が不正確になってしまうので、そのような場合には予定を変更するなどをし、運転は控えましょう。

風邪や花粉症などで薬を服用する場合、眠くなる成分が入っている薬もあるので、医師や薬剤師に相談し、車を運転しても支障がないのかなどを確認するようにしましょう。

 

 

今回は、安全運転のポイントについて色々お話していきました。
しっかりと自分の運転スタイルを見直して、交通事故を起こさないように安全運転を心がけていきましょう!

札幌東区・白石区・中央区・北区・西区にある札幌あゆみ整骨院・整体院では、交通事故によるケガ等の施術も行なっております!

無料相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

各院のLINE@もあります。そちらからのご予約も可能となっております!

交通事故でお悩みなら、お近くの札幌あゆみ整骨院・整体院へお越しください。

 

* − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − *

FaceBookも更新しています!
Facebookはこちら♩
コメントやイイネ!お待ちしています☆

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら↓
http://ayumi-sapporo.com/

* − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − *

《診察時間》

元町院北郷院山鼻院
白石院麻生新琴似院琴似院

◆月〜土
AM 9:00-12:00
PM 16:00-20:00
◆日・祝
AM 9:00-12:30
◆休診日
毎週木曜日

大通院

◆月〜土
AM 10:00-13:00
PM 16:00-20:00
◆日・祝
AM 10:00-13:30
◆休診日
毎週木曜日

* − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − *

◎札幌市東区 元町院

〒065-0031
札幌市東区北31条東16丁目2-3
元町イオン前

電話:0120-50-8522
電話:011-786-8522

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
地下鉄東豊線 新道東駅から徒歩3分!
イオン元町店さんの目の前です!
元町院の駐車場は右から4台分となっております。

東区HPはこちら

* − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − *

◎札幌市白石区 北郷院

〒003-0831
札幌市白石区北郷3条7丁目1-20
タイヤ館北郷前

電話:0120-50-8533
電話:011-879-8533

LINE@でもご予約・ご相談受付中!

札幌あゆみ整骨院北郷院では 患者様から沢山のお声をいただいております!
エキテン
↑押してみてね

《アクセス》
JR白石駅 徒歩約10分
駐車場は院前に4台完備!

白石区HPはこちら

* − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − *

◎札幌市中央区 山鼻院

〒064-0914
札幌市中央区南14条西14丁目2-21

電話:0120-06-2133
電話:011-520-2133

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
市電西線14条駅 電停すぐ目の前!
ツルハドラッグさんすぐ横です!
駐車場は院前に5台完備!

中央区HPはこちら

* − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − *

◎札幌市白石区 白石院

札幌市白石区東札幌2条6丁目4-10
電話:0120-77-2210
電話:011-820-1822
携帯電話・PHSからもOKです。

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
地下鉄東西線 白石駅1番出口出てすぐ!
トマトハウスさん横!
駐車場は院前に2台完備。
向かいのローズパーキングさんと提携。

白石区HPはこちら

* − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − *

◎札幌市中央区 大通院

〒060-0061
札幌市中央区南1条西2丁目9-1
IKEUCHI ZONE 7F

電話:0120-73-7366
電話:011-200-3773

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
地下鉄南北線/東西線/東豊線
大通駅から徒歩約5分!
駐車場はカモンチケットと提携!

中央区HPはこちら

* − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − *

◎札幌市北区 麻生新琴似院

001-0905
札幌市北区新琴似51丁目3-29

電話:0120-34-6611
電話:011-747-6611

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
地下鉄南北線 麻生駅3番出口 徒歩6分!
駐車場は院前・院横に11台完備!

北区HPはこちら

* − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − *

◎札幌市西区 琴似院

〒063-0861
札幌市西区八軒1条東1丁目5-13
電話:0120-84-5888

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
JR琴似駅から徒歩3分!
ケンタッキーさん目の前です。
駐車場は院横に2台完備!
斜め向かいのタイムズさんとも提携しています。

西区HPはこちら

* − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − * − *